みてて(清さに)

そんなの誤差じゃん、なんて言わずに努力は讃えてくれる清光くん